THKホールディングスは、グループ法人を統括・管理し、グループ企業との連携を図ります

お問い合わせ

企業情報

コンプライアンスに関する方針

THKグループでは、コンプライアンスを順守した経営を行い、「コンプライアンスコード」として順守すべき事項を挙げています。役員及び社員等はこの内容に則った企業活動を行い、社会に価値を提供します。

THKグループ コンプライアンスコード

コンプライアンス 当社の事業に関連する法令や規則を順守します。
お客さまの満足 ニーズを捉えた企業価値を提供し、お客様の満足と信頼の獲得に努めます。
公正取引 適正な取引を行い、取引先および政治・行政との公正な関係を保ちます。
会社資産の管理 ルールに準じた会社資産の管理・運用をします。
職場環境、人材の活用 様々な人材が能力を発揮できる健全な職場環境を実現します。
環境保全 資源を効率的に扱い、地球環境を維持していくための様々なエコ活動に取り組みます。
情報管理 役員及び社員の個人情報、取引先の業務情報等のステークホルダーに関する各種情報を適正に管理します。

コンプライアンス体制

グループ・コンプライアンス・オフィサー」と「チーフ・コンプライアンス・オフィサー」を責任者として選任し、グループ各社の担当者との協力体制を敷いています。グループ・コンプライアンス連絡協議会を半期に一度実施し、情報共有や適宜連携をとって、コンプライアンスの施策推進や諸問題解決に対応しています。

グループのコンプライアンスに関する通報・相談窓口として「ホットライン」を設置しています。本窓口は相談者が不利益を被らないよう充分な調査と配慮をもって行い、コンプライアンスに関連したリスクの早期発見・改善を目的としています。相談者が利用しやすいように、ホットラインは3つの窓口を設けています。グループ各社のホットラインに、グループ全体のホットラインは社内外それぞれに設置し、社外弁護士および専任のコンプライアンス部門が対応しています。相談方法は、対面・電話・メール・郵送の4つがあり、その他匿名での相談にも対応しています。

コンプライアンス浸透に向けた取り組み

研修による、役員・従業員のコンプライアンス意識向上

コンプライアンス浸透のため、階層別研修として役員・管理職・一般社員それぞれに個別研修を実施しています。特にグループ会社役員向け研修は全体施策として注力しており、社外弁護士を講師としたケーススタディをディスカッション形式で行っています。「役員の責任」「インサイダー取引」「長時間労働とメンタル」「接待・贈答(贈賄リスク)」など複数のテーマでこれまでに16回開催してきました。さらに部門別・テーマ別の研修、eラーニング研修等も行い、コンプライアンス意識定着に努めています。